原田 了

理化学研究所数理創造プログラム
基礎科学特別研究員

地球上では実現できない超極限的環境が宇宙では実現されています。
そのような環境での未知の物理現象を追い求めるのが、
私の興味のある高エネルギー天体物理学です。
その中でも特に、重力崩壊型超新星爆発のメカニズムを専門に研究しています。
English page is here.

履歴書

職歴

期間 所属
2021年4月- 理化学研究所基礎科学特別研究員
2019年4月-2021年3月 東京大学宇宙線研究所特任研究員
2017年4月-2019年3月 日本学術振興会特別研究員 DC2

学歴

期間 所属
2015年4月-2019年3月 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 博士課程
2013年4月-2015年3月 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 修士課程
2011年4月-2013年3月 東京大学理学部物理学科
2009年4月-2011年3月 東京大学教養学部 理科一類
2006年4月-2009年3月 埼玉県立川越高等学校

研究内容

重力崩壊型超新星爆発のメカニズム

太陽の8倍程度以上の質量を持つ大質量星は、その進化の最期に爆発を引き起こします。これを重力崩壊型超新星爆発と呼び、後には中性子星が残されます。この爆発メカニズムは長年解明されていませんが、自然界の四つの力全てがミクロからマクロまで、複雑に絡み合って爆発が起こると考えられています。
以下には私の修士論文を元に勉強した内容をまとめたレビュー風ノートをリンクします。不完全な部分も多くありますが、何かご指摘等ありましたら以下連絡先からご連絡いただけると助かります。

超新星爆発ノート(2020年8月26日更新)

論文リスト

主著

  1. Harada, A., Nagakura, H., Iwakami, W., Okawa, H., Furusawa, S., Sumiyoshi, K., Matsufuru, H., Yamada, S., “The Boltzmann-radiation-hydrodynamics Simulations of the Core-collapse Supernova with the Different Equations of State: the Role of Nuclear Composition and the Behavior of Neutrinos”, The Astrophysical Journal, IOP publishing, Volume 902, Issue 2, article id. 150 (25 pp), 2020
  2. Harada, A., Nagakura, H., Iwakami, W., Okawa, H., Furusawa, S., Matsufuru, H., Sumiyoshi, K., Yamada, S., “On the Neutrino Distributions in Phase Space for the Rotating Core-Collapse Supernova Simulated with a Boltzmann-Neutrino-Radiation-Hydrodynamics Code”, The Astrophysical Journal, IOP publishing, Volume 872, Issue 2, article id. 181 (19 pp), 2019
  3. Harada, A., Nagakura, H., Iwakami, W., Yamada, S., “A Parametric Study of the Acoustic Mechanism for Core-Collapse Supernovae”, The Astrophysical Journal, IOP publishing, Volume 839, Issue 1, article id. 28 (16 pp), 2017
  4. Harada, A., Kamada, A., “Structure formation in a mixed dark matter model with decaying sterile neutrino: the 3.5 keV X-ray line and the Galactic substructure”, Journal of Cosmology and Astroparticle Physics, IOP publishing, Volume 2016, Issue 1, article id. 31 (28 pp), 2016

共著

  1. Mori, M., Suwa, Y., Nakazato, K., Sumiyoshi, K., Harada, M., Harada, A., Koshio, Y., Wendell, R. A., “Developing an end-to-end simulation framework of supernova neutrino detection”, arXiv:2010.16254, 2020
  2. Akaho, R., Harada, A., Nagakura, H., Sumiyoshi, K., Iwakami, W., Okawa, H., Furusawa, S., Matsufuru, H., Yamada, S., “Multidimensional Boltzmann Neutrino Transport Code in Full General Relativity for Core-collapse Simulations”, arXiv:2010.10780, 2020
  3. Suwa, Y., Harada, A., Nakazato, K., Sumiyoshi, K., “Analytic solutions for neutrino-light curves of core-collapse supernovae”, arXiv:2008.07070, 2020
  4. Iwakami, W., Okawa, Nagakura, H., Harada, A., H., Furusawa, S., Sumiyoshi, K., Matsufuru, H., Yamada, S., “Simulations of the Early Post-Bounce Phase of Core-Collapse Supernovae in Three-Dimensional Space with Full Boltzmann Neutrino Transport”, arXiv:2004.02091, 2020
  5. Delfan Azari, M., Yamada, S., Morinaga, T., Nagakura, H., Furusawa, S., Harada, A., Okawa, H., Iwakami, W., Sumiyoshi, K., “Fast collective neutrino oscillations inside the neutrino sphere in core-collapse supernovae”, Physical Review D, Volume 101, Issue 2, article id.023018, 2019
  6. Nagakura, H., Iwakami, W., Furusawa, S., Okawa, H., Harada, A., Sumiyoshi, K., Yamada, S., Matsufuru, H., Imakura, A., “Simulations of Core-Collapse Supernovae in Spatial Axisymmetry with Full Boltzmann Neutrino Transport”, The Astrophysical Journal, IOP publishing, Volume 854, Issue 2, article id. 136 (13 pp), 2018

学会発表リスト

口頭発表(国際)

  1. Harada, A., “Progress of the Boltzmann-radiation-hydrodynamics Simulations for Core-collapse Supernovae (C02 theory report)”, The Fourth Annual Area Symposium Online, No. 22, 2/22&24 (2021), Online
  2. Harada, A., “Core-collapse Supernova Simulations with the Boltzmann-neutrino transport using the SN method”, CHALLENGES AND INNOVATIONS IN COMPUTATIONAL ASTROPHYSICS - II (ChaICA - II), No. 28, 11/18-21 (2020), Online
  3. Harada, A., “Recent Progress of the Core-collapse Supernova Simulations under axisymmetry with the Boltzmann-radiation-hydrodynamics code”, The Evolution of Massive Stars and Formation of Compact Stars: from the Cradle to the Grave, No. 11, 2/26-28 (2020), Tokyo, Japan
  4. Harada, A., “Supernova simulations with the Boltzmann Neutrino Transport (C02 theory report)”, Joint symposium of MEXT innovative area x KONAN GAKUEN 100th Anniversary International Scientific Symposium Series Sponsored by The Hirao Taro Foundation of KONAN GAKUEN for Academic Research, No. 49, 2/10-12 (2020), Hyogo, Japan
  5. Harada, A., “Boltzmann-radiation-hydrodynamics simulations of the stellar core-collapse under axisymmetry - status report of group C02 of GW-genesis- (part 2)”, Multi-dimensional Modeling and Multi-Messenger observation from Core-Collapse Supernovae (4M-COCOS), No. 6, 10/21-24 (2019), Fukuoka, Japan
  6. Harada, A., “Neutrino Distributions for a Rotating Core-collapse Supernova with a Boltzmann-neutrino-transport”, TAUP2019 - 16th International Conference on Topics in Astroparticle and Underground Physics, ID. 366 (session HECR#1), 9/9-13 (2019), Toyama, Japan
  7. Harada, A., “Multi-dimensional core-collapse supernova simulations with the Boltzmann-radiation-hydrodynamics code”, MICRA2019 - Microphysics In Computational Relativistic Astrophysics, No. 16, 8/12-16 (2019), Jena, Germany
  8. Harada, A., “Stellar core-collapse simulations with the Boltzmann-radiation-hydrodynamics code under axisymmetry”, The 15th International Symposium on Origin of Matter and Evolution of Galaxies (OMEG15), No. 10-2, 7/2-5 (2019), Kyoto, Japan
  9. Harada, A., “The rotating core-collapse supernova simulation by Boltzmann-radiation transport”, The 4th ALPS Symposium on Photon Science, No. 5, 3/28 (2018), Tokyo, Japan
  10. Harada, A., Iwakami, W., Okawa, H., Yamada, S., Nagakura, H., Sumiyoshi, K., Matsufuru, H., Imakura, A., “The Rotating Core-Collapse Supernova Simulation with Full Boltzmann Neutrino Transport”, Workshop on the Progenitor-Supernova-Remnant Connection, No. 29, 7/24-28 (2017), Kreuth, Germany
  11. Harada, A., Yamada, S., “Toward general relativistic supernovae simulations”, The Third ALPS Symposium on Photon Science, No. 4, 3/24 (2017), Tokyo, Japan
  12. Harada, A., Iwakami, W., Yamada, S., “Systematic study of the acoustic mechanism for core-collapse supernovae”, Many Riddles About Core-Collapse Supernovae, No. 27, 6/27-7/1 (2016), Tokyo, Japan
  13. Harada, A., Iwakami, W., Yamada, S., “Systematic study of the acoustic mechanism for core-collapse supernovae”, The Second ALPS Symposium on Photon Science, No. 6, 3/29 (2016), Tokyo, Japan
  14. Harada, A., Iwakami, W., Yamada, S., “Systematic study of the acoustic mechanism for core-collapse supernovae”, 18th Workshop on Nuclear Astrophysics, No. 24, 3/14-19 (2016), Kreuth, Germany

口頭発表(国内)

  1. 原田 了、「SN法を用いたボルツマン輻射流体コードによる高速回転星の重力崩壊シミュレーション」、日本天文学会2021年春季年会、Z318a、3/16-19 (2021)、オンライン
  2. 原田 了、「スーパーカミオカンデによる超新星ニュートリノの観測テンプレートの開発」、令和2年度東京大学宇宙線研共同利用研究成果発表会、I03、2/8-9 (2021)、オンライン
  3. 原田 了、「超新星のボルツマン輻射流体計算で探る核物質状態方程式の影響」、日本天文学会2020年春季年会、N35a、3/16-19 (2020)、筑波大学筑波キャンパス、茨城
  4. 原田 了、「超新星爆発のニュートリノ加熱メカニズム」、第一回地下宇宙若手研究会、No. 13、2/22-24 (2020)、東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設、岐阜
  5. 原田 了、「超新星爆発の軸対称ボルツマン輻射流体シミュレーション」、シミュレーションによる宇宙の基本法則と進化の解明に向けて (QUCS 2019)、No. 23、12/16-19 (2019)、京都大学、京都
  6. 原田 了、「ボルツマン輻射流体コードによる軸対称超新星爆発シミュレーション」、高エネルギー宇宙物理学研究会2019、No. 17、12/5-7 (2019)、蔵王アストリアホテル、山形
  7. 原田 了、「Core-collapse Supernova Simulations with the Boltzmann-radiation-hydrodynamics」、宇宙線研究所共同利用小研究会「高エネルギー突発現象の多波長・多粒子観測と理論」、No. 10、11/19-20 (2019)、宇宙線研究所、千葉
  8. Harada, A.、「Core-collapse Supernova Simulations with the Boltzmann-neutrino-transport」、RIKEN-RESCEU Joint Seminar、No. 7、3/19-20 (2019)東京大学、東京
  9. 原田了、「The Rotating Core-Collapse Supernova Dynamics and Neutrino Distributions by Full Boltzmann Neutrino Transport」、高エネルギー宇宙物理学研究会2018、No. 11、9/5-7 (2018)、東京大学、東京
  10. 原田了、「ボルツマン輻射輸送計算による回転星の超新星爆発II」、日本天文学会2018年春季年会、K11a、3/14-17 (2018)、千葉大学、千葉
  11. 原田了、「ボルツマン輻射輸送計算による回転星の超新星爆発」、第30回理論天文学宇宙物理学懇談会シンポジウム「星の物理の新地平」、No. 2, 12/25-27 (2017)、東京大学、東京
  12. 原田了、「ボルツマン輻射輸送計算による回転星の超新星爆発」、日本天文学会2017年秋季年会、K03a、9/11-13 (2017)、北海道大学、北海道
  13. 原田了、「音響メカニズムによる重力崩壊型超新星爆発の系統的研究」、日本天文学会2015年秋季年会、K15a、9/9-11 (2015)、甲南大学、兵庫
  14. 原田了、「3.5 keV X線輝線とMixed Dark MatterモデルでのSubstructure問題」、日本天文学会2014年秋季年会、U17a、9/11-13 (2014)、山形大学、山形
  15. 原田了、「Mixed Dark Matter and Substructure Problem」、2013年度第43回天文・天体物理若手夏の学校、重宇06a、7/29-8/1 (2013)、宮城蔵王ロイヤルホテル、宮城

ポスター発表(国際)

  1. Harada, A., “Core-collapse simulations of rapidly rotating progenitors by Boltzmann-radiation-hydrodynamics code”, Black Hole Astrophysics with VLBI: Multi-Wavelength and Multi-Messenger Era, poster 4, 1/18-20 (2021), Online
  2. Harada, A., “Neutrino Distributions for a Rotating Core-collapse Supernova with a Boltzmann-neutrino-transport”, F.O.E. Fifty-One Erg 2019, No. 15, 5/20-24 (2019), North Carolina, the US
  3. Harada, A., Yamada, S., Iwakami, W., Okawa, H., Nagakura, H., Sumiyoshi, K., Furusawa, S., Matsufuru, H., “The Neutrino Distributions in the Rotating Core-Collapse Superanova”, Deciphering multi-dimensional nature of core-collapse Supernovae via Gravitational-Wave and neutrino signatures, poster 3, 10/8-10 (2018), Toyama, Japan
  4. Harada, A., Yamada, S., Iwakami, W., Okawa, H., Nagakura, H., Sumiyoshi, K., Furusawa, S., Matsufuru, H., “The Neutrino Distributions in the Rotating Core-Collapse Superanova”, Physics of Core-Collapse Supernovae and Compact Star Formations, poster 4, 3/19-21 (2018), Tokyo, Japan
  5. Harada, A., Iwakami, W., Nagakura, H., Yamada, S., “Systematic study of acoustic mechanisms for core-collapse supernovae”, Numazu Workshop 2015, poster 1, 9/1-4 (2015), Shizuoka, Japan

ポスター発表(国内)

  1. 原田 了、「高速回転星重力崩壊のボルツマン-ニュートリノ輻射流体シミュレーション」、新学術「地下宇宙」第7回超新星ニュートリノ研究会、No. 6、1/7-8 (2021)、オンライン
  2. 原田 了、「ボルツマン輻射流体コードによる高速回転星の重力崩壊シミュレーション」、「ニュートリノで拓く素粒子と宇宙」研究会2020、ID: 50、12/21-22 (2020)、オンライン
  3. 原田 了、「Boltzmann-radiatioin-hydrodynamics simulations of the core collapse of rapidly rotating stars」、第33回 理論懇シンポジウム「理論天文学・宇宙物理学のブレイクスルー」、P46、12/23-25 (2020)、オンライン
  4. 原田 了、「高速回転星重力崩壊のボルツマン輻射流体シミュレーション」、高エネルギー宇宙物理学研究会2020、No. 18、12/14&17 (2020)、オンライン(サテライト会場: 東京大学宇宙線研究所、千葉)
  5. 原田 了、「ボルツマン輻射流体コードによる軸対称超新星爆発シミュレーション」、新学術「地下宇宙」第6回超新星ニュートリノ研究会、No. 6、1/6-7 (2020)、東京大学宇宙線研究所、千葉
  6. 原田了、「超新星のボルツマン輻射流体シミュレーションにおけるニュートリノ分布」、第32回理論天文学宇宙物理学懇談会シンポジウム「天文学・宇宙物理学の変遷と新時代の幕開」、P46、12/25-27 (2019)、国立天文台、東京
  7. 原田了、「ボルツマン輻射輸送による超新星シミュレーションの核物質状態方程式依存性」、日本天文学会2019春季年会、K05c、3/14-17 (2019)、法政大学、東京
  8. 原田了、「ボルツマン輻射輸送による超新星シミュレーションの核物質状態方程式依存性」、第31回理論天文学宇宙物理学懇談会シンポジウム「宇宙物理の標準理論:未来へ向けての再考」、No. 39、12/19-21 (2016)、京都大学、京都
  9. 原田了、長倉洋樹、山田章一、「回転星の重力崩壊におけるρ-Ye関係」、第29回理論天文学宇宙物理学懇談会シンポジウム「重力が織りなす宇宙の諸階層」、No. 18、12/20-22 (2016)、東北大学、宮城
  10. 原田了、「音響メカニズムによる重力崩壊型超新星爆発の系統的研究II」、2016年度第46回天文・天体物理若手夏の学校、コンc16、7/26-29 (2016)、信州・戸倉上山田温泉ホテル圓山荘、長野
  11. 原田了、「音響メカニズムによる重力崩壊型超新星爆発の系統的研究」、2015年度第45回天文・天体物理若手夏の学校、コンc10、7/27-30 (2015)、信州・戸倉上山田温泉ホテル圓山荘、長野
  12. 原田了、「3.5 keV X線輝線が示唆するMixed Dark MatterモデルにおけるSubstructure問題」、2014年度第44回天文・天体物理若手夏の学校、重宇c23、7/28-31 (2014)、信州・戸倉上山田温泉ホテル圓山荘、長野

受賞(国内)

  1. 原田 了、長倉 洋樹、山田 章一、「ボルツマン輻射流体コードを用いた回転大質量星の重力崩壊計算(hp180111)」、第6回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会 優秀成果賞受賞課題による成果発表、No. 1、11/1 (2019)、品川グランドセントラルタワー THE GRAND HALL、東京

連絡先/contact

連絡先は以下の通りです

Eメールアドレス: harada _at_ icrr.u-tokyo.ac.jp
_at_は@に置き換えてください

所在地: 東京大学柏キャンパスの宇宙線研究所512号室にいます。