english | 日本語

宮﨑 弘安(みやざき ひろやす)
のホームページ

理化学研究所 iTHEMS
上級研究員

〒351-0198 和光市広沢2-1

firstname.lastname [at] riken [dot] jp




研究テーマ

数学、とくに

数論幾何、代数幾何 (モチーフ理論、ホモトピー理論、代数的サイクル、代数的K理論など)。

最近は、ほかの分野の研究者と共同研究もしています。

担当講義

一橋大学

  1. 春夏学期 2021: 微分積分I(非常勤)
  2. 春夏学期 2020: 微分積分I(非常勤・オンライン)
  3. 春夏学期 2019: 線形代数I(非常勤)
  4. 春夏学期 2017: 線形代数I(非常勤)

東京大学

  1. 2021年度Sセメスター(駒場キャンパス・オンライン):
    学術フロンティア講義「数理科学の研究フロンティア:宇宙,物質,生命,情報」

数学の論文

  1. Modulus sheaves with transfers
    (Shane Kellyとの共同研究)
    arXiv:2106.12837 (2021)

  2. Motives with modulus, III: The categories of motives
    (Bruno Kahn齋藤秀司山崎隆雄との共同研究)
    arXiv:2011.11859 (2020) , to appear in Annals of K-theory.

  3. Motives with modulus, II: Modulus sheaves with transfers for proper modulus pairs
    (Bruno Kahn齋藤秀司山崎隆雄との共同研究)
    Épijournal de Géométrie Algébrique, Volume 5 (January 21, 2021) epiga:7115
    arXiv:1910.14534

  4. Motives with modulus, I: Modulus sheaves with transfers for non-proper modulus pairs
    (Bruno Kahn齋藤秀司山崎隆雄との共同研究)
    Épijournal de Géométrie Algébrique, Volume 5 (January 21, 2021) epiga:7114
    arXiv:1908.02975

  5. Topologies on schemes and modulus pairs
    (Bruno Kahnとの共同研究)
    Nagoya Mathematical Journal (2019),
    DOI: https://doi.org/10.1017/nmj.2020.15
    arXiv:1910.14595

  6. Nisnevich topology with modulus
    Annals of K-theory 5(3) 581 - 604 (2019)
    arXiv:1910.14579

  7. Cube invariance of higher Chow groups with modulus
    Journal of Algebraic Geometry, 28, pp 339-390 (2019). arXiv

  8. Suslin's moving lemma with modulus
    (甲斐亘との共同研究)
    Annals of K-theory, 3, No. 1, pp 55–70 (2018). arXiv

学際研究

  1. Structural reduction of chemical reaction networks based on topology
    (広野雄士岡田崇日高義将との共同研究)
    arXiv:2102.07687 (2021)

総説等(査読あり)

  1. モデュラス対の一般化と応用について
    RIMS講究録別冊,代数的整数論とその周辺2015
  2. Special values of zeta functions of varieties over finite fields via higher Chow groups
    RIMS講究録別冊,代数的整数論とその周辺2013 B53

その他

  1. モデュラス付き高次Chow群に対するホモトピー不変性の一般化について
    第13回数学総合若手研究集会テクニカルレポート 2017年

博士論文

Cube invariance of higher Chow groups with modulus
東京大学博士論文
指導教官: 寺杣友秀齋藤秀司 (2016)